労働者の目線で考える労働主義と資本家目線の資本主義

労働主義は、働きやすい職場を目指す。労働主義は、格差を無くす。労働主義は、福祉国家を目指す。労働主義は、資本主義に対抗する。

2017-11

問題にしている格差のレベルの違いである。

労働意欲・学習意欲に収入差は必要であるが、富裕層との格差は必要ではない。

医者の年収1000万円の生涯賃金は、40年働いて4億円だが、設備投資にお金が掛かるから、年収750万円と比べて大差はない。年収250万円×40年=1億円でも、共働きすれば暮らしていける。これらは、庶民レベルの収入差である。4億円は、格差というほどの違いではない。労働意欲・学習意欲のためには必要な収入差である。
問題にしている格差は、ビルゲイツのような大富豪と庶民との格差である。世界の大富豪8人と貧困層の35億人の資産が同じであることが問題なのである。このような富裕層との格差を作り出したのが資本主義経済なのだから、大きな格差の無い福祉国家を目指そうではないかという提言である。それが、犯罪の少ない、みんなが幸福に暮らせる社会の実現になる。
要するに、貧富の差を無くせば、みんなが幸せになれる。それを実現するのは福祉国家であり、その原動力となるのが搾取されている多数派の労働者である。利潤関係において対抗しているのが資本家と労働者なのだから、資本主義に対抗できるのは労働主義ということになる。従って、労働主義が、経済問題を解決できる思想となる。


↓1日1回、応援クリックを。

にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ(現在2位)

にほんブログ村

(現在2位)

経済学ランキング

紫陽花05


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

最新記事

カテゴリ

労働主義 (56)
労働主義経済 (1)
労働主義経済学 (18)
自由主義経済 (6)
資本主義経済 (3)
福祉主義 (3)
民意主義 (1)
資本主義 (9)
封建主義 (1)
政治問題 (7)
経済問題 (5)
社会問題 (12)
労働問題 (2)
国際問題 (2)
環境問題 (2)
政治 (13)
経済 (1)
社会 (1)
格差 (11)
搾取 (2)
労働 (6)
労働者 (1)
労働組合 (3)
経済学 (3)
幸福 (9)
幸福経済学 (18)
福祉 (4)
福祉国家 (6)
福祉社会 (45)
政党 (0)
選挙 (9)
経営 (2)
景気 (1)
経済政策 (2)
消費税 (8)
哲学 (4)
歴史 (0)
思想 (3)
ブログ (7)
犯罪 (2)

月別アーカイブ

プロフィール

adler7788

Author:adler7788
労働主義は、働きやすい職場を作る。
労働主義は、労働者を守る。
労働主義は、労働者中心主義である。
労働主義は、格差を無くす。
労働主義は、資本主義に対抗する。

 

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
454位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる