労働者の目線で考える労働主義と資本家目線の資本主義

労働主義は、働きやすい職場を目指す。労働主義は、格差を無くす。労働主義は、福祉国家を目指す。労働主義は、資本主義に対抗する。

2017-11

PDCAでミスを減らす改善がされた会社は生産性が高い。

レベルの高い人が、小さなミスで自省するのと、スキルの未習得の人が、大きなミスを反省するのとでは、大きな差がある。比較するから違いが鮮明になるだけで、本人の気持ちを比べれば、むしろ逆転しているかもしれない。このように、比較するから相対的評価になる。相対的評価は、減点方式になりやすいので、加点方式の絶対的評価を導入すべきである。減点方式はミスを恐れて萎縮するが、加点方式は成果を上げようと積極的になれる。積極的に出て失敗しても、その失敗は成功への一歩であると考えるべきである。科学者の実験は、失敗は失敗ではなく、失敗パターンを1つ消せたのだから、成功への一歩であると考えるように、プラス思考で考える。その失敗は、会社の財産にしていけばいいのである。


人間である以上、ミスは誰でもするという視点に立てば、個人責任ではなく、複数でチェックし合うシステムを導入すればいいだけである。ミスを叱責する上司になるのではなく、ミスを生み出したシステムをPDCAサイクルで改善すべきである。叱責して個人責任にしているような会社では、ミスを繰り返す生産性の低い会社になってしまう。ミスを減らす改善がされた会社は生産性を上げることができる。PDCAのAは、ACT=改善である。表面的改善では、またミスが生まれる。ミスが生まれにくい根本的改善が必要なのである。


↓1日1回、応援クリックを。

にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ(現在2位)

にほんブログ村

(現在2位)

経済学ランキング


紫陽花05


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

最新記事

カテゴリ

労働主義 (56)
労働主義経済 (1)
労働主義経済学 (18)
自由主義経済 (6)
資本主義経済 (3)
福祉主義 (3)
民意主義 (1)
資本主義 (9)
封建主義 (1)
政治問題 (7)
経済問題 (5)
社会問題 (12)
労働問題 (2)
国際問題 (2)
環境問題 (2)
政治 (13)
経済 (1)
社会 (1)
格差 (11)
搾取 (2)
労働 (6)
労働者 (1)
労働組合 (3)
経済学 (3)
幸福 (9)
幸福経済学 (18)
福祉 (4)
福祉国家 (6)
福祉社会 (45)
政党 (0)
選挙 (9)
経営 (2)
景気 (1)
経済政策 (2)
消費税 (8)
哲学 (4)
歴史 (0)
思想 (3)
ブログ (7)
犯罪 (2)

月別アーカイブ

プロフィール

adler7788

Author:adler7788
労働主義は、働きやすい職場を作る。
労働主義は、労働者を守る。
労働主義は、労働者中心主義である。
労働主義は、格差を無くす。
労働主義は、資本主義に対抗する。

 

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
454位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる