労働者の目線で考える労働主義と資本家目線の資本主義

労働主義は、働きやすい職場を目指す。労働主義は、格差を無くす。労働主義は、福祉国家を目指す。労働主義は、資本主義に対抗する。

2017-11

資本主義は、非常に危険な思想

資本主義のアメリカは、金持ちが偉いと考えている国である。貧困になるのは努力が足りないからであり、貧困になるのは個人責任であるという考えである。これは、自己中心主義であり、利己主義であり、非常に危険な思想である。

資本主義において失業は必ずあるし、貧困層は、最下層から順に1,000万人までと決まっている(2017年現在)。貧困層から抜け出した人がいたとしても、必ず反対に失業に追い込まれて貧困層になる人ができるようになっている。失業率が無くならないということはそういうことである。そういう経済システムなのだから、資本主義において貧困層がなくなることはない。怠けて堕落して貧困になった人もいるが、そんな人ばかりではない。貧困層の中には、毎日頑張って働いているのに、低賃金に抑えられている人が多いのである。そんな人たちは、もともと勉強が苦手だったので、勉強が嫌いになっただけである。人間には能力差があるのだから、それを努力が足りないと決めつけてしまうと、知的障がい者も努力が足りないと言っていることになる。それなのに、貧困になるのは努力が足りないからだと決めつけてしまう考え方は、非常に危険な思想である。
労働主義は、このような資本主義の弊害を取り除くために、格差と貧困のない福祉国家を目指す。
労働主義は、資本主義に対抗できる思想である。


↓1日1回、応援クリックを。
にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ(現在2位)
にほんブログ村
(現在2位)
経済学ランキング

紫陽花05


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

最新記事

カテゴリ

労働主義 (56)
労働主義経済 (1)
労働主義経済学 (18)
自由主義経済 (6)
資本主義経済 (3)
福祉主義 (3)
民意主義 (1)
資本主義 (9)
封建主義 (1)
政治問題 (7)
経済問題 (5)
社会問題 (12)
労働問題 (2)
国際問題 (2)
環境問題 (2)
政治 (13)
経済 (1)
社会 (1)
格差 (11)
搾取 (2)
労働 (6)
労働者 (1)
労働組合 (3)
経済学 (3)
幸福 (9)
幸福経済学 (18)
福祉 (4)
福祉国家 (6)
福祉社会 (45)
政党 (0)
選挙 (9)
経営 (2)
景気 (1)
経済政策 (2)
消費税 (8)
哲学 (4)
歴史 (0)
思想 (3)
ブログ (7)
犯罪 (2)

月別アーカイブ

プロフィール

adler7788

Author:adler7788
労働主義は、働きやすい職場を作る。
労働主義は、労働者を守る。
労働主義は、労働者中心主義である。
労働主義は、格差を無くす。
労働主義は、資本主義に対抗する。

 

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
454位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる