労働者の目線で考える労働主義と資本家目線の資本主義

労働主義は、働きやすい職場を目指す。労働主義は、格差を無くす。労働主義は、福祉国家を目指す。労働主義は、資本主義に対抗する。

2017-11

非正規労働者が2000万人いるときの求人倍率1倍は、自慢にならない。

正社員の求人倍率が1倍を超えたことは、正社員が増えて非正規労働者2000万人が減ることを意味している。非正規労働者が2000万人もいることが問題だが、2000万人の全員が正社員になれるわけではない。なりたいという意欲を持った人全員が正社員になれるという安倍首相の発言は、現実的ではない。その理由は、

①正社員の求人倍率が1倍を超えても、2000万人分の正社員の求人があるわけではない。
②正社員になりたいと思っていても、職種を変えてまで正社員になりたいとまでは思っていなくて、今の職種で正社員を目指している場合がある。
③安い給料の正社員求人はあるだろうが、今の仕事を辞めてまでなりたいとは思っていない場合がある。高い給料の求人で気に入った職種であれば転職するというケースもある。

問題なのは、非正規労働者が2000万人もいることであり、全体の4割にもなっているという現状である。正社員の求人倍率が1倍を超えたことを自慢しているが、格差解消には程遠い。非正規労働者の7割が200万円以下の年収であることを解消しないと少子化は止まらない。

好景気だと言われているが、それは企業だけが儲かっているだけで、給料が上がっていなければ景気の実感はない。求人倍率が上がって、正社員の供給が不足するまでは、給料は上がらない。


今の企業の景気を支えているのは、非正規労働者の低賃金のおかげである。国民を低賃金に押さえ付けることで景気回復を成し遂げたのである。景気回復を自慢しているが、国民を犠牲にしていることを少しも反省していない。


非正規労働者2000万人が反自民に投票すれば、政治は動く。

 


↓1日1回、応援クリックを。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

社会・政治問題ランキング

紫陽花05



スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

最新記事

カテゴリ

労働主義 (56)
労働主義経済 (1)
労働主義経済学 (18)
自由主義経済 (6)
資本主義経済 (3)
福祉主義 (3)
民意主義 (1)
資本主義 (9)
封建主義 (1)
政治問題 (7)
経済問題 (5)
社会問題 (12)
労働問題 (2)
国際問題 (2)
環境問題 (2)
政治 (13)
経済 (1)
社会 (1)
格差 (11)
搾取 (2)
労働 (6)
労働者 (1)
労働組合 (3)
経済学 (3)
幸福 (9)
幸福経済学 (18)
福祉 (4)
福祉国家 (6)
福祉社会 (45)
政党 (0)
選挙 (9)
経営 (2)
景気 (1)
経済政策 (2)
消費税 (8)
哲学 (4)
歴史 (0)
思想 (3)
ブログ (7)
犯罪 (2)

月別アーカイブ

プロフィール

adler7788

Author:adler7788
労働主義は、働きやすい職場を作る。
労働主義は、労働者を守る。
労働主義は、労働者中心主義である。
労働主義は、格差を無くす。
労働主義は、資本主義に対抗する。

 

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
454位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる